病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

内耳炎 - 病院・医院・薬局情報

内耳炎とは、主に慢性中耳炎の炎症が、中耳と内耳を隔てている内耳窓を通して内耳に広がって起こる病気です。近年では、抗生物質の普及によって中耳炎から内耳炎に移行するケースは少なくなりましたが、逆に抗生物質に耐性のある細菌も増えてきているので、なかなか治らない人もいます。

他の原因の内耳炎

内耳炎の多くは、中耳炎から移行して発症しますが、他にもウイルス性内耳炎、髄膜炎性内耳炎があります。

●ウイルス性内耳炎
ウイルス性内耳炎は、おたふくかぜやインフルエンザ、はしかなどの原因となるウイルスが血液中に入り込み、体内を回って内耳に感染するものです。これらの病気にかかった後、片側の耳に高度難聴が現れたときはウイルス性内耳炎が疑われます。
●髄膜炎性内耳炎
髄膜炎性内耳炎は、髄膜炎を引き起こす細菌やウイルスが血流にのり、内耳に感染することにより起こるものです。髄膜炎と診断された後、めまいや難聴などの症状があらわれた ときには髄膜炎性難聴が疑われます。

内耳炎の症状

慢性中耳炎の炎症が内耳に少しずつ及んでいく場合には、内耳障害が起こり、最初は軽いめまいや難聴、耳鳴りが生じることがあります。内耳への炎症の及び方が急で、しかもその程度が強い場合には、激しい回転性のめまい、吐き気、嘔吐に加えてひどい難聴や耳鳴りが起こります。
内耳炎に進行すると聴力が大幅に低下します。炎症により障害された感覚細胞は修復できないため、進行した難聴の回復は困難となります。

内耳炎の治療方法

内耳炎の治療は、原因が細菌の場合には抗生物質による治療が優先して行われます。これと並行して、めまい・ 耳鳴り・難聴への対症療法として、抗めまい薬や、末梢血管拡張薬・血流改善薬、ビタミン剤などを組み合わせて投与されます。高度難聴が急激に起こった場合にはステロイド薬が使われることもあります。
通常、内耳炎は抗生物質を中心とした薬物療法で回復し、内耳炎がよくなれば、めまいの症状もなくなりますが、 難聴は回復が見込めないことが少なくありません。

急性中耳炎では耳が痛くなります。それに引き続いてめまいや強い難聴が起こったら、注意が必要です。また、慢性中耳炎がある場合には、内耳に影響が出ないうちに専門医を受診しましょう。

内耳炎の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、内耳炎の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

内耳炎以外にも、美容皮膚科、外科、放射線診断科、矯正歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 産科 / 整形外科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ