読み込んでいます…

急性脳症 - 病院・医院・薬局情報

急性脳症とは、何らかの原因で脳が炎症を起こし、ひきつけや高熱、意識障害やけいれんなどの症状を伴うもので、様々な後遺症が発生する場合や、最悪死に至ることもあるとても恐ろしい病気です。
急性脳症は7歳以下、特に2~3歳の子供に多く見られます。

急性脳症の原因

急性脳症は基本的に原因不明ですが、低酸素や低血糖、先天性代謝異常、肝不全、腎不全、ライ症候群などの病気が引き金になると考えられています。

また、ウイルスに感染することで急性脳症が起きると考えられていて、インフルエンザウイルスが原因になっている場合も少なくありません。この急性脳症は、「インフルエンザ脳症」と呼ばれています。ウイルスが感染した際には、体が防衛反応としてサイトカインという物質をつくり、それが中枢神経系で過剰になって大脳にダメージを与えるとされています。

急性脳症の症状

突然40度近い高熱や下痢、吐き気、嘔吐というような症状があらわれます。元気がなく、意識もうろうの状態になり、呼びかけたり揺すったりしなければ目を開けなくなってしまいます。その後、全身性けいれんの症状が出てきます。
そのほかの症状として、脱力、幻覚、意味不明の言動、奇声、異常な興奮などが挙げられます。また、症状が重くなると、こん睡状態に陥ることもあります。

急性脳症の治療法

急性脳症の治療は、一刻をあらそいます。全身の管理をしながら、抗けいれん薬を使います。それと同時に、原因と思われる病気の治療と脳浮腫の治療を行っていきます。さらに、効果が期待できる急性脳症の治療法として、パルス療法(ステロイド薬を短期間に大量投与する治療法)や軽度低体温療法があげられます。

時間が経って急性脳症の治療が遅れれば遅れるほど、さまざまな後遺症があらわれる確率は高まっていきます。急性脳症にかかった子供の多くは、知的障害、筋力低下、全身麻痺、てんかんなどの後遺症を抱えています。

急性脳症は命にかかわる病気のため、迅速な治療が必要です。症状がみられたら、すぐに医療機関を受診しましょう。

急性脳症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、急性脳症の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

急性脳症以外にも、整形外科、乳腺外科、内科、小児科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 糖尿病内科 / 皮膚科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ