読み込んでいます…

前立腺癌小線源療法を実施している病院 - 病院・医院・薬局情報

前立腺癌小線源療法とは、放射線を出す小さな線源(カプセル)を前立腺内に挿入して埋め込み、前立腺の内部から放射線を照射する治療法です。線源にはヨウ素125という放射性同位元素が密封されています。

埋め込む数は50個~100個程度で患者さんによって異なります。埋め込む位置は、あらかじめコンピュータなどを用いて、尿道や直腸などの他の臓器への影響が最小で治療効果が高い場所を選びます。線源から放出される放射線は徐々に減少し、1年程でなくなります。カプセルは永久に前立腺に残りますが、問題はありません。

小線源療法は、がんが前立腺内に限局していると診断された病期ステージBとよばれる前立腺がんの適用がよいとされています。また、がんが前立腺の外へ広がっている状態でも外照射療法やホルモン療法を併用しながら行われる場合があります。

関連項目
泌尿器科

前立腺癌小線源療法(I-125)の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、前立腺癌小線源療法を実施している病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

前立腺癌小線源療法(I-125)以外にも、ペインクリニック内科、薬局、呼吸器内科、矯正歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科 / 小児科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ