病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

アトピー性皮膚炎の専門治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

アトピーとは、かゆみの強い慢性の湿疹で、良くなったり悪くなったりを繰り返す疾病です。多くの場合、アトピー素因(気管支喘息、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎などを生じやすい体質)をもつ人に生じます。主に小児期に発症し、成人では軽快することが多いのですが、まれに成人になって再発したり、重症になることもあります。

原因

多くはダニや食べ物などの成分がアレルゲン(アレルギーの原因物質)となり、それらに対する免疫グロブリンE(IgE)抗体がつくられて、皮膚にアレルギー性の炎症を起こします。
小児では、卵、牛乳、小麦などの食物が原因として多くみられます。その他、イヌ、ネコなどのペットのフケや毛、体内や皮膚の表面にすんでいる真菌などの成分もアレルゲンとなります。

症状の現れ方

年齢によって症状が異なります。
乳児期に透明の掖を伴う紅斑が顔面や体幹、四肢にみられ、幼小児期になると首や四肢の関節部などに乾燥性の病変がみられます。
思春期や成人になると全身、とくに顔面、くび、胸背部などに紅斑やぶつぶつした隆起などの症状が強くみられます。ざらざらした黒ずんだ乾燥肌のことが多く、かゆみが強いために掻くことによるかき傷みられます。眼のまわりの症状が強い場合には、アトピー性白内障や網膜剥離を起こすこともあります。

治療方法

  • 皮膚のかさつきを抑える・・・白色ワセリン、尿素などを含んだ保湿剤
  • 炎症を抑える・・・ステロイド軟膏、免疫抑制薬の軟膏タクロリムスなど
  • 内服薬・・・抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬

その他、抗炎症作用のある漢方薬が有効なこともあります。細菌や単純ヘルペスの感染症を伴った時には、その治療が必要となります。

アトピー外来の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、アトピー性皮膚炎の専門治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

アトピー外来以外にも、内科、放射線治療科、矯正歯科、産婦人科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科 / 呼吸器内科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ