乳がんの温存療法/専門治療を実施している病院 - 病院・医院・薬局情報

乳がんの専門治療とは

乳がんの治療法には、「手術」、「放射線療法」、「薬物療法」があります。手術と放射線療法は、乳房内にあるがん細胞に対して行われる治療法で、治療を行った部分にだけ効果が期待できる「局所療法」です。

一方、薬物療法は乳房以外の組織や臓器にも存在する可能性のあるがん細胞に対して行われるもので、「全身療法」として位置づけられます。

乳がんの治療法の決定

治療法を選択するにあたっては、非浸潤がんか浸潤がんか、がんの大きさはどれくらいか、リンパ節転移はあるか、どのような性質をもつがんかなど、個々の乳がんについてさまざまな情報を収集した上で、患者さんと相談しながら最も適した治療内容が決定されます。

治療法について

≪手術≫

  • 乳房温存手術
    がんの広がりを正確に把握し、そのすべてを切除すると同時に、美容的に満足できる形で乳房を残す手術です。乳房温存手術の場合は、術後、残った乳房に放射線療法を行います。これによって、乳房をすべて切除した場合と同じ効果を得ることができます。
    乳房温存手術を行うための条件は、下記のとおりです。
    ・しこりの大きさが直径3cm以下であること
    ・がんが乳腺の中に大きく広がっていないこと
    ・乳腺以外の組織に転移していないこと
    ・原則として、放射線療法を行えること
  • 乳房切除術
    乳房切除術では、大胸筋と小胸筋を残し、すべての乳房を切除します。
  • センチネルリンパ節生検
    小さな皮膚切開によって数個のセンチネルリンパ節のみを摘出し、がんの転移があるかどうかを検査します。通常、乳房の手術の際に行います。
    摘出したセンチネルリンパ節にがん細胞が見つからなければ、それ以上遠くのリンパ節への転移はないと判断し、わきの下のリンパ節を切除せずに残すことができます。一方、がん細胞が見つかった場合には、わきの下のリンパ節を広く切除し、他の臓器への遠隔転移の可能性を調べます。

≪放射線療法≫

乳房温存手術のあと、手術で取りきれずに残されているかもしれないがん細胞を死滅させるために「放射線療法」を行います。放射線照射を行わなかった場合に比べて、乳房内のがん再発率がほぼ3分の1に減少することがわかっています。
副作用には、皮膚炎、倦怠感、白血球の減少などがあります。

≪薬物療法≫

乳がんでは、がん細胞がタンポポの綿毛のように体内のあちこちへ飛んでいき、手術後もどこかに隠れていることが少なくありません。こうしたがん細胞を根絶する目的で、術後に薬物療法を行います。
また、手術が困難な進行乳がんや、しこりが大きくて乳房温存手術が困難な乳がんには、がんを縮小させて手術を可能にする目的で、術前に薬物療法を行うこともあります。乳がんの薬物療法には、主に「抗がん剤」、「ホルモン剤」、「分子標的治療薬」を用いた治療法があります。

  • 化学療法
    化学療法は、がん細胞の根絶を目的として行う治療です。抗がん剤によって、がん細胞を攻撃して増殖を抑え、死滅させます。抗がん剤は正常な細胞にも影響を与えるため、全身にさまざまな副作用が現れる傾向があります。
    主な抗がん剤:トポイソメラーゼ阻害薬、微小管作用薬、アルキル化薬、代謝拮抗薬
  • ホルモン療法
    ホルモン剤によって、体内のエストロゲン(女性ホルモン)の働きを妨げたり、エストロゲンがつくられないようにして、がん細胞の増殖を抑える治療方法です。ホルモン療法は、エストロゲン(女性ホルモン)を抑えることにより効果を発揮します。そのため、更年期障害と同じような症状の副作用が現れやすくなります。
    主なホルモン剤:LH-RHアゴニスト製剤、抗エストロゲン薬、黄体ホルモン薬、アロマターゼ阻害薬
  • 分子標的治療
    分子標的治療は、がん細胞に特有の因子を見つけ、それだけを狙い撃ちする治療方法です。正常な細胞にはほとんど影響を与えないため、副作用は一般的に軽度です。
    主な分子標的治療薬:モノクローナル抗体

乳がんの専門治療(温存療法など)の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、乳がんの温存療法/専門治療を実施している病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

乳がんの専門治療(温存療法など)以外にも、消化器内科、小児科、薬局、放射線治療科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 循環器内科 / 婦人科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ