読み込んでいます…

妊娠12週以降の中絶(中期中絶)に対応可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

中絶とは、やむを得ない理由で妊娠を継続できなくなったときに、病院で人工的に流産させることです。

母体保護法では

  • 母体の身体的または経済的な理由により、妊娠の継続や分娩が困難な場合
  • 暴力や脅迫による妊娠の場合

に中絶が適応されるとしています。

中絶は時期によって「初期中絶」と「中期中絶」に分類されます。

初期中絶・・妊娠12週未満
中期中絶・・妊娠12週~21週6日まで

日本では法律によって妊娠22週以降の中絶手術は禁じられています。

◆死亡届と埋葬が必要

初期中絶とは異なり、中期中絶手術の場合は「赤ちゃん」を出産する形の手術となります。

そのため、

  • 7日以内に死亡届の提出
  • 火葬・埋葬

が義務づけられています。

中期中絶の手術方法

子宮収縮剤で陣痛を起こし、通常の分娩と同じように胎児などを排出します。強制的に子宮口を開き、陣痛を誘発するため、強い痛みや出血を伴うことがあります。

また、中期中絶後はお腹の痛みや少量の出血があらわれる場合があります。これは、子宮が妊娠前の状態に戻るのに伴って起こるものです。退院後も、1週間~10日間程度は生理痛のような腹痛や出血がみられますが、多くの場合、大きな問題にはなりません。鎮痛剤や抗生物質が処方されるため、きちんと服用するようにしましょう。

入院期間は手術後の身体の状態や医療機関の方針によって異なりますが、2~3日間が一般的です。

中期中絶の費用

人工妊娠中絶は基本的に健康保険が適用されず、全額自己負担です。
中期中絶の場合、分娩方式で手術しなければならない分、初期中絶に比べて費用が高くなります。
病院によって異なりますが、手術前検査と手術、入院の費用をあわせて30~50万円程度必要です。

-出産育児一時金

中期中絶は、出産育児一時金を申請することができます。この制度では、妊娠12週以降の流産や早産も対象になります。

関連項目
人工妊娠中絶

全国の妊娠12週以降の中絶(中期中絶)に対応可能な病院

北海道・東北 北海道(0) | 青森(0) | 岩手(0) | 宮城(0) | 秋田(0) | 山形(0) | 福島(0)
関東 茨城(0) | 栃木(0) | 群馬(0) | 埼玉(0) | 千葉(0) | 東京(0) | 神奈川(1)
北陸 新潟(0) | 富山(0) | 石川(0) | 福井(1)
中部 山梨(0) | 長野(0) | 岐阜(0) | 静岡(0) | 愛知(0) | 三重(0)
近畿 滋賀(0) | 京都(0) | 大阪(0) | 兵庫(0) | 奈良(4)| 和歌山(0)
中国・四国 鳥取(0) | 島根(0) | 岡山(0) | 広島(0) | 山口(0) | 徳島(0) | 香川(0) | 愛媛(0) | 高知(0)
九州 福岡(0) | 佐賀(0) | 長崎(0) | 熊本(0) | 大分(0) | 宮崎(0) | 鹿児島(0) | 沖縄(0)

中期中絶の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、妊娠12週以降の中絶(中期中絶)に対応可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

中期中絶以外にも、耳鼻いんこう科、薬局、皮膚科、眼科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科 / 歯科口腔外科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ