爪白癬に対しパルス療法を実施している病院 - 病院・医院・薬局情報

白癬パルス療法とは、1週間集中して薬を飲んだ後に、3週間薬の服用を休止することを3回繰り返す爪白癬の治療法です。

爪白癬とは、水虫と同じように白癬菌と呼ばれる菌が爪の中に侵入してきて起こる爪の病気です。発症部位の多くは足の親指の爪が多く、その症状は様々ですが、爪が白く濁ったり、変形したり、ぼろぼろ欠けたりすることが特徴です。
服薬日数は21日間(3ヵ月)で、約半年間毎日服薬が必要だった従来の治療法と比べると、大幅に服薬期間が短縮されます。

薬の飲み合わせが悪いと、片方の薬の効き目が弱くなったり、強くなって副作用が出たりすることがあります。パルス療法を始める前には、現在飲んでいる薬(市販の薬も含む)を確認して、医師に相談することが大切です。

関連項目
真菌
皮膚科
外科

白癬パルス療法の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、爪白癬に対しパルス療法を実施している病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

白癬パルス療法以外にも、薬局、眼科、神経内科、歯科口腔外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 整形外科 / 歯科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ