まつ毛育毛を実施している病院 - 病院・医院・薬局情報

まつ毛が少ない、細いと感じる人は「まつ毛貧毛症」かもしれません

まつ毛貧毛症とは、まつ毛が不足していたり、不十分な状態をいいます。
まつ毛が少ないな、短いなと感じる人は、「まつ毛貧毛症」かもしれません。

まつ毛貧毛症の原因

まつ毛貧毛症になる原因には

  • まつ毛ケアによるダメージ
  • 加齢
  • 皮膚疾患
  • 抗がん剤等の薬の副作用

などがあげられます。

◆まつ毛ケアによるダメージ

ビューラーでまつ毛を引っ張りすぎる、メイクを落とすときにまつ毛を強くこする、マスカラを何度も重ねづけするなど日常の習慣でまつ毛に負担かけることによって、まつ毛が抜けて少なくなることがあります。

◆加齢

加齢により、まつ毛の長さ、太さ、濃さは年々減少していきます。

◆皮膚疾患

アトピー性皮膚炎や乾癬などの疾患が原因で、まつ毛が抜けてしまうことがあります。

◆薬の副作用

抗がん剤など、使用している薬の副作用でまつ毛が抜けてしまうことがあります。

「まつ毛貧毛症」は医療機関で治療できます!

まつ毛貧毛症によるまつ毛の悩みは、医療機関で相談できます。

医療機関で行われる指導や治療

◆生活習慣の指導

健康なまつ毛育成のためには、正しい生活習慣が重要です。バランスの良い食事、質のよい睡眠、上手なストレス解消法などを意識しましょう。

◆日常のまつ毛ケアへの指導

まつ毛をこすったり、乱暴なクレンジングをすると、まつ毛に大きなダメージを与えます。また、つけまつ毛やまつ毛エクステが原因で、まつ毛が傷んでいる場合もあります。
「丁寧にやさしくクレンジングや洗顔をおこなう」「まつ毛エクステをしない」「ビューラーでまつ毛を引っ張りすぎない」など、まつ毛を刺激しないことが大切です。

◆原因が皮膚疾患や他の疾患の場合

アトピーや乾癬など皮膚疾患が原因の場合には、その疾患を治すことでまつ毛育成を促すことができます。

◆薬による治療

まつ毛貧毛症は、発毛可能な毛包が存在する場合には、薬による治療が可能です。

◆植毛

生まれつきまつ毛が少ない、事故で傷ついたなど、何らかの理由で毛包ごとダメージを受けて抜けてしまった場合など、まつ毛の発毛可能な毛包が存在しない時には、植毛が行われることがあります。

関連項目
アトピー外来

まつげ育成の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、まつ毛育毛を実施している病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

まつげ育成以外にも、歯科、内科、整形外科、胃腸内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 小児科 / 精神科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ