病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

大人のアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎など)の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

成人のアレルギーとは

子どものアレルギーは、成長過程で改善するケースもありますが、大人の場合は自然に治ることはほとんどありません。また、いつどんなタイミングで発症するかわからない怖さがあります。

アレルギーとは?

私たちの体には、外から入ってきた細菌やウイルスを防いだり、体のなかにできたがん細胞を排除しようとする「免疫」という機能が備わっています。アレルギーとは、この免疫の機能が過剰に働いて、食べ物やホコリ、花粉など体に害のないものにまで反応してしまい、特別な IgE抗体をつくって、過剰な反応を起こしてしまう現象です。
作られたIgE抗体は、目・鼻・肺・皮膚・腸などの粘膜にある「肥満細胞」に結合して、再び体に異物が入ってくると、それに反応して、かゆみや鼻水、くしゃみ、腹痛などの症状を引き起こす原因物質を作り出します。
このアレルギーを引き起こす物質を「アレルゲン」といいます。アレルゲンとなる物質は人によってさまざまです。また、1人が複数の原因アレルゲンをもつこともあります。

アレルギーで起こる主な病気

・食物アレルギー
食べものが原因となって引き起こされるアレルギーを「食物アレルギー」といいます。消化機能が未熟な赤ちゃんに多くみられますが、大人になってから食物アレルギーが出現することもあります。
乳幼児の3大アレルゲンは鶏卵、牛乳、大豆ですが、成人では甲殻類、小麦、果物、魚類が多いと報告されています。 主な症状として、じんましんやかゆみ、赤みなどの皮膚症状、下痢や腹痛などの消化器症状、くしゃみ、せき、呼吸困難、ゼーゼー、ヒューヒューするなどの呼吸器症状があります。
また、重篤な症状(呼吸困難、冷や汗、顔面そう白、血圧低下、意識不明など)が起きたときには、早急な治療が必要となります。救急車を呼んで、速やかに医療機関へ向かいましょう。
・気管支喘息
気管支にアレルギー反応が起きて、気道がせまくなり呼吸が妨げられる病気です。息を吐く時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という音をともなう呼吸や、慢性的な咳が特徴です。病気が進行すると気道に炎症が起きてさらに過敏になり、ちょっとした刺激でも発作が起こりやすくなります。
・アトピー性皮膚炎
皮膚にかゆみを伴う湿疹があらわれて、よくなったり悪くなったりを繰り返しながら慢性的に続くのが特徴です。赤みのある湿疹、プツプツと盛り上がりのある湿疹、ジクジクと水分の多い湿疹、ゴツゴツしたしこりのような湿疹が、顔、耳や首回り、わきの下やひじの内・外側、ももの付け根、ひざの表・裏側などに多くみられます。かゆみが続くことで、皮膚を掻いてしまうことでさらに症状が悪化していきます。
汗や日差し、乾燥など、季節の影響を受けて症状が変化します。
・アレルギー性鼻炎・アレルギー性結膜炎
アレルゲンが鼻や目に反応すると、くしゃみ・鼻みず・鼻づまり、目のかゆみ・充血などの症状を引き起こします。季節に関係なく症状が続くものはハウスダストが原因であることが多く、特定の季節に症状がでるものは花粉が原因の「花粉症」の可能性があります。

アレルギーの治療

アレルギーの治療では、原因となっている食物を必要最小限に除去し、アレルギー反応を起こさないようにすることが最も重要になります。原因アレルゲンとの接触が続けば、アレルギー症状が慢性化して治療が難しくなります。症状が慢性化する前に原因アレルゲンを見つけましょう。

アレルギー症状が出てしまったら、抗ヒスタミン薬やステロイド軟膏、気管支拡張薬などの薬で症状を和らげます。また、症状を予防するために、普段から飲み薬や吸入薬を使うことも大切な治療法です。

アレルギーの症状がでたら、できるだけ早く医師に相談して検査を受け、適切な治療を始めましょう。

アレルギー(大人)の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、大人のアレルギー疾患(アトピー性皮膚炎など)の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

アレルギー(大人)以外にも、外科、薬局、精神科、婦人科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 内科 / 歯科口腔外科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ