亀頭包皮炎 - 病院・医院・薬局情報

亀頭包皮炎(こども)

男性器の先(亀頭)と包皮の間に細菌が繁殖して炎症を起こしたものを亀頭包皮炎といいます。

亀頭包皮炎の原因

包茎とは男性器の先端の包皮口が狭いために包皮をむいて亀頭を完全に露出できない状態をいいます。生まれてきた男の赤ちゃんは包茎の状態が正常です。そのため亀頭と包皮の間に“あか”や“かす”がたまりやすいために起こります。おむつをしている赤ちゃんにはしばしばみられる病気です。

亀頭包皮炎の症状

男性器の先(亀頭)からばい菌が入って炎症を起こし、赤くなり痛がります。ひどくなると男性器全体が赤く腫れて、膿が出る場合もあります。

亀頭包皮炎の治療法

症状が軽い場合は塗り薬(ステロイド剤の軟膏や抗生剤入りの軟膏)だけですが、ひどい場合は塗り薬と飲み薬(抗生剤)が処方されます。たいていは、2~3日すると症状が良くなってきます。

関連項目
小児科
泌尿器科

亀頭包皮炎の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、亀頭包皮炎の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

亀頭包皮炎以外にも、胃腸科、麻酔科、皮膚科、薬局などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 矯正歯科 / 小児科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ