病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

喉頭がん - 病院・医院・薬局情報

喉頭がんとは

喉頭とは喉頭蓋から気道の入り口までの範囲を示す言葉です。この喉頭に出来るがんが「喉頭がん」です。喉頭がんは初期症状があり、比較的早期発見しやすいと言われています。早期発見・早期治療ができれば喉頭がんは完治が見込める病気です。

喉頭がんの初期症状

喉頭とは、肺につながる気管の入り口部分です。ここにがんが発生すると、発声や食事に不都合が出てきます。初期症状のサインも、発声や飲み込む動作に関連したものが多くなっています。以下にあげる症状がある場合には、早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

  • 声が低くガラガラする
  • 声に雑音が入ってくる
  • 息が漏れるような声になる
  • 息苦しい
  • たんに血が混じる
  • のどがいがらっぽく、異物感がある
  • 食べ物を飲み込む際に痛みがある
  • 耳が痛い
  • 首のリンパ節が腫れている

大きな声を出したり騒いだりした翌日などは声がガラガラしますが、そうした違和感が1カ月続く場合は、がんの疑いが強くなります。

喉頭がんの原因

喉頭がんには三大原因と呼ばれるものがあります。それが喫煙・飲酒・加齢です。
特に「喫煙」は重大な原因であり、喉頭がん患者全体の90%が喫煙者であるというデータが公表されています。
また喉頭がんの男女比は10:1で圧倒的に男性患者が多いのですが、これも男性に愛煙家が多いことに関連していると考えられています。

喉頭がんの治療法

喉頭は「食べる、飲む、呼吸をする」など生命維持に不可欠な活動を支えている重要な器官であるため、喉頭がんが発見されても出来るだけその機能を維持することを優先にした治療が行われます。

●放射線治療
喉頭がんは放射線治療が効きやすいがんと言われているので、発病後の治療としての第一選択肢には放射線治療が選ばれます。
●レーザー療法
放射線治療で思うような効果が得られない場合や、放射線の届きにくい場所に「がん」ができている場合にはレーザーメスによる部分切除を行うことになります。
●外科手術
かなり進行した喉頭がんに対して最終手段として選択されるのが外科手術です。 声帯付近だけを切除する「部分切除術」と声門、声帯、頸部リンパ節全体を切除する「喉頭全摘術」があります。
●化学療法
放射線治療に抗がん剤を組み合わせる治療法が化学療法です。 一般的に化学療法は進行した喉頭がんに対する外科手術の前後、あるいは外科手術を希望しない場合に行われます。
●疼痛ケア(緩和ケア)
末期の喉頭がんで他に手の施しようがない場合は、積極的な喉頭がん治療ではなく、痛みを和らげることを主眼とした投薬治療が行われます。
関連項目
耳鼻いんこう科

喉頭がんの病院・医院・薬局情報

病院なびでは、喉頭がんの治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

喉頭がん以外にも、整形外科、内科、放射線診断科、小児歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 皮膚科 / 歯科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ