あざ,ほくろなどに医療用レーザー治療を実施している病院 - 病院・医院・薬局情報

レーザー(あざ・ほくろ)

往来は、ほくろやあざなどを除去するには、本格的な切開手術などをおこなっていましたが、近年ではレーザー機器の進化により、ほくろやあざ、しみなどの治療に使用されています。

主なレーザー治療(ほくろ・あざ)

CO2レーザー治療
通常1cm以下の小さなほくろやあざはCO2レーザーを照射することで除去できます。
ほくろが悪性でないかの確認後、少量の麻酔をして、レーザーを照射することで患部のみを瞬時に蒸発させます。治療後はぽっかりと穴があいた状態になりますが、1週間~10日前後で皮膚が再生し、盛り上がり治癒します。
Qスイッチアレキサンドライトレーザー
主に青アザやシミを治療する目的に開発された医療用レーザーです。
このレーザーは、メラニン色素に吸収されやすいという特性を生かし、皮膚の異常メラニンだけにレーザーが反応し、徐々に色を薄くしてことができます。
色素斑部位にレーザーを照射します。レーザーでメラニンを熱破壊させるため一瞬チクッと輪ゴムではじかれたような痛みがあります。その後照射部位はしみ・あざの色が濃くなりかさぶたを形成し、1~2週間後に自然にはがれてしみ・あざの色が薄くなっていきます。
関連項目
皮膚科
美容外科

レーザー(あざ/ほくろ)の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、あざ,ほくろなどに医療用レーザー治療を実施している病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

レーザー(あざ/ほくろ)以外にも、胃腸科、精神科、耳鼻いんこう科、循環器内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 皮膚科 / 歯科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ