病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

水頭症 - 病院・医院・薬局情報

水頭症とは

髄液が正常以上に産生されて、その吸収が追いつかないとき、あるいは何らかの原因で(生まれつき、あるいは生後二次的に)髄液の循環路が閉塞したりすることによって、脳内に過剰に髄液が貯留することにより水頭症が発症します。
髄液が脳に過剰に貯留すると、脳の圧が高くなります。そのため、頭蓋骨がまだ固まりきらない乳幼児期に水頭症になると、頭が大きくなってきます。

水頭症の原因

原因は年齢によって異なります。

●新生児期
脳室内出血
先天奇形に伴う水頭症(脊髄髄膜瘤、ダンディー・ウォーカー症候群など)
先天性の髄液循環路の閉塞(モンロー孔閉塞、中脳水道閉塞など)
母体感染による水頭症(トキソプラズマ、風疹など)
髄膜炎、脳炎
●乳・幼児期
髄膜炎、脳炎
脳腫瘍
中脳水道閉塞
●学童期
髄膜炎、脳炎
脳腫瘍
頭部外傷
●成人
脳出血、クモ膜下出血
脳腫瘍
頭部外傷
突発性

水頭症の症状

水頭症の原因と同じく、水頭症の症状も年齢とともに違ってきます。

≪代表的な症状≫

●未熟児
呼吸が時々止まる
脈がゆっくりになる
頭皮の静脈が拡張し、浮き出ている
急速な頭囲の拡大
●乳児
周囲の刺激に対して敏感になり、すぐに泣く
イライラしている
嘔吐
意識がボーっとしている
頭が大きくなる
首の座りが不安定
●幼児・学童
頭痛
嘔吐
イライラしている
意識がボーっとしている
物が二重に見える
視力低下
足がつっぱる
身体のバランスがとれなくなる
勉強の成績が低下

水頭症の治療

現在では、水頭症に対しては外科的治療が主流です。水頭症に対する手術の代表は「シャント」(shunt)です。シャントとは「短絡」という意味で、脳で吸収されなくなった髄液を身体の別の場所に管で短絡させて吸収させようとするものです。お腹へ流す仕組みである脳室ム腹腔シャント(VPシャント)、血液に直接戻す仕組みである脳室ム心房シャント(VAシャント)などが一般的です。
シャントが詰まることがあるため、特に症状の変化がなくても3ヶ月に一度は、脳神経外科医あるいは小児神経科医の定期検診を受けることが望ましいです。
シャントを入れているからといって、生活を制限する必要はありません。シャントを入れて大学を出た人も、いろんな職業についている人も多くいます。

全国の水頭症の治療/対応が可能な病院・クリニック

北海道・東北 北海道(6) | 青森(1) | 岩手(6) | 宮城(4) | 秋田(2) | 山形(7) | 福島(9)
関東 茨城(12) | 栃木(5) | 群馬(9) | 埼玉(7) | 千葉(7) | 東京(42) | 神奈川(21)
北陸 新潟(4) | 富山(2) | 石川(0) | 福井(1)
中部 山梨(2) | 長野(4) | 岐阜(2) | 静岡(6) | 愛知(3) | 三重(1)
近畿 滋賀(1) | 京都(1) | 大阪(11) | 兵庫(5) | 奈良(7) | 和歌山(0)
中国・四国 鳥取(1) | 島根(2) | 岡山(2) | 広島(8) | 山口(6) | 徳島(0) | 香川(0) | 愛媛(2) | 高知(1)
九州 福岡(9) | 佐賀(3) | 長崎(4) | 熊本(6) | 大分(0) | 宮崎(4) | 鹿児島(6) | 沖縄(0)

水頭症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、水頭症の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

水頭症以外にも、内科、小児科、小児歯科、呼吸器内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 外科 / 歯科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ