脂質異常症(高脂血症)の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

脂質異常症とは、血液中の脂質、特に中性脂肪やコレステロールが多すぎて血液の粘りが増して血液がドロドロになっている状態です。医学的には以前は血液中の脂質の濃度が高い状態を「高脂血症」と呼ばれていましたが、2007年4月に「脂質異常症」と変更されました。

通常、脂質は、肝臓で作られたり食事からとり込まれて、血液中に一定の量が保たれるように調節されています。脂質異常症は、体の中で脂質の流れがうまく調節できなくなったり、食事から体の中に入ってくる脂質の量が多くなりすぎたりして、血液中のLDLコレステロール(悪玉コレステロール)やトリグリセライド(中性脂肪)が多くなりすぎている状態、またはHDLコレステロール(善玉コレステロール)が少ない状態が続く病気です。

動脈硬化の原因にもなる脂質異常症

脂質異常症になった結果、動脈硬化を引き起こし、ひいては心臓では狭心症や心筋梗塞、脳では脳梗塞などを招いてしまうリスクがあります。また、血中の脂質が増えることから糖質の代謝にも異常が生じ、肝臓や膵臓の病変を招き、脂肪肝や急性膵炎、胆石を発症する場合もあります。またコレステロール値が過剰であれば注意が必要ですが、極端に摂取を制限してもホルモンや胆汁酸の分泌に不足してしまいます。

しかも困ったことに、脂質異常症はあまり自覚症状がありません。したがって、血液中の脂質の値を測って、常にこれらを適正な値に調節していくことは、動脈硬化の予防のためにとても大切です。

一般に男性は30代から、女性は50代から、ほぼ2人に1人が脂質異常症の状態にあると考えられています。女性の方がなりにくいのは、女性ホルモンのエストロゲンが血液中の脂質が正常になるように働いているからです。しかし、閉経後はエストロゲン分泌量が激減するため、LDLコレステロールが増加しがちです。

脂質異常症の原因

■生活習慣
食生活(高カロリー、高脂肪食)・運動不足など
■喫煙
喫煙は脂質異常症のリスクを高めます。
■遺伝性
このタイプは少ないのですが、遺伝的な脂肪代謝障害が原因でなります。

他にも、
甲状腺、代謝異常、腎疾患などの病気や、加齢からくる女性ホルモン減少、薬物(ステロイドホルモン、経口避妊薬、アルコール等)が原因の場合もあります。

脂質異常症の治療

多くの場合、食事や運動などの生活習慣が深く関係しています。ゆえに、脂質異常症の治療の基本は食事療法と運動療法で、この2つの治療法は長く続けていく必要があります。食事療法と運動療法で脂質が改善しない時や、すでに動脈硬化による心筋梗塞、脳梗塞などの発作を起こしている場合などに薬物療法が行われます。

遺伝が原因で起こる家族性高コレステロール血症の患者さんには「LDLアフェレーシス」という治療が行われることがあります。

脂質異常症を予防する食事

脂質異常症を予防するためには、日頃からの生活習慣の積み重ねが大事です。これらの生活習慣は、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防にも共通しています。

  • 食事は1日3食幅広い食品をバランスよく食べる。
  • 腹八分目に食べる。
  • 脂っこいものは控えに
  • 間食は控え、就寝前に物を食べない
  • 甘いもの、塩分を控えめにする
  • お酒を飲みすぎない

脂質異常症対策には、生活習慣全体の見直しも!

その他、喫煙や睡眠不足、過剰なストレス、運動不足なども影響します。食生活と生活習慣を見直すことで、コレステロールや中性脂肪は、ある程度コントロールできるものです。定期的な健康診断で、自分のコレステロールや中性脂肪の値を管理して、脂質異常症を予防しましょう。

脂質異常症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、脂質異常症(高脂血症)の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

脂質異常症以外にも、薬局、歯科、呼吸器外科、歯科口腔外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 内科 / 眼科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ