大人の肥満(メタボリックシンドローム)の指導・治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

成人の肥満とは

摂取エネルギーが消費エネルギーを上回り、体脂肪が過剰になる状態が肥満です。内臓肥満を原因とするメタボリックシンドロームという考え方が広く浸透してから、肥満が注目されるようになりました。

体脂肪の蓄積の度合いを判定するBMI(体重(kg)÷身長(m)2)で評価するのが一般的で、25以上が肥満と判定されます。

メタボリックシンドロームは痛みなどの不快感がないので、放置してしまいがちです。しかし肥満を放置していると、糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病を悪化させ、血管を傷つけたり、もろくしたりして、やがて動脈硬化を引き起こします。その結果、心筋梗塞や脳卒中などの重大な病気へと進む原因ともなります。また、がんや認知症、うつ病などの病気とも関連があると言われています。

肥満になると病気になるメカニズム

太り始めは、脂肪が風船のように「外側」へ皮膚を伸ばすことで太っていきます。この状態では内臓や血管などは圧迫を受けていません。各臓器はその機能を維持しながら、太っていきます。これは「単純肥満」と言われる状態です。

単純肥満の状態が続き、皮膚がこれ以上伸びないところまで太った後も、人間の体は風船のように割れることはありません。保管スペースが外側に確保できないので、腹腔内に脂肪を溜め込もうとします。これが「内臓肥満」です。

「内臓肥満」になると、内臓周辺に蓄積する脂肪は代謝が盛んで、血液中の脂質濃度を高める原因となります。またインスリン抵抗性といって、すい臓から分泌されるインスリンの働きを悪くします。さらに、脂肪細胞からは血圧を上昇させる物質が分泌されます。

その結果、脂質異常症、糖尿病、高血圧、さらにはこれらが重なったメタボリックシンドロームなどをまねきやすくなるのです。

肥満にならないために・・・

肥満の2大原因は、食べすぎと運動不足です。まず自分の食生活を見直し、肥満につながることを避けるようにしましょう。
食事は時間を決めてだらだら食べないようにする、栄養のバランスのとれた食事を食べる、少ない量でも満足がいくようにかむ回数を増やすなど、食事だけを見てもたくさんのポイントがあります。
「単純肥満」のうちから食事や運動などを見直して、健康で活き活きとした人生を送りましょう。

肥満(大人)の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、大人の肥満(メタボリックシンドローム)の指導・治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

肥満(大人)以外にも、リウマチ科、整形外科、消化器内科、歯科口腔外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 心療内科 / 薬局 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ