病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

高血圧(生活習慣病)の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

高血圧とは、安静状態での血圧が慢性的に正常値よりも高い状態をいいます。高血圧になると血管に常に負担がかかるため、血管の内壁が傷ついたり、柔軟性がなくなって固くなり、動脈硬化を起こしやすくなります。

日本では約4000万人が高血圧と言われています。高血圧の人の多くは軽症で自覚症状がありません。しかし高血圧が持続すると、脳・心臓・腎臓などの臓器の血管に障害が起こり、脳卒中、心臓病、腎障害、網膜症などを引き起こします。特に高血圧は脳卒中と大きく相関しているので、きちんと血圧を管理することが大切です。

高血圧を放置していると・・・

高血圧はほとんどの場合、自覚症状がありません。しかし、高血圧は動脈硬化進行の危険因子の1つであり、長期間放置すると心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす原因となります。高血圧の患者さんに特徴的なことは、脳梗塞のみならず脳出血も多く、すなわち脳卒中の危険が高いことがあげられます。
そのほかにも、血圧が高いと腎臓にも大きな負担がかかり、血液中のナトリウムなどの排泄がうまくいかず、さらに血圧が上昇するという悪循環を引き起こしやすくなります。慢性腎臓病を起こすと、脳卒中や心筋梗塞による死亡率も高くなることがわかっています。

高血圧の原因

高血圧の原因となる疾患がある場合は二次性高血圧、これに当てはまらないものは本態性高血圧と呼びます。高血圧の大多数を占めるのは本態性高血圧です。

本態性高血圧は、遺伝による要因と環境因子の相互作用によって生じると考えられています。環境因子としては、 食塩、ストレスによる交感神経の活性の増加、肥満などがあげられます。
二次性高血圧としては、

  • 腎実質性高血圧…腎臓の疾患によるもの
  • 腎血管性高血圧…腎臓の動脈の狭窄や閉塞によるもの
  • 内分泌性高血圧…ホルモンの分泌異常によるもの
  • 血管性(脈管性)高血圧…動脈の炎症や先天性の狭窄によるもの があげられます。

二次性高血圧は高血圧の約10%程度と考えられていますが、特に若い人の重症高血圧では頻度が高いため注意が必要です。

高血圧の治療法

高血圧の治療の第一段階は生活習慣の修正、第二段階は血圧を下げる薬(降圧薬)での治療です。

生活習慣の改善

■塩分の摂取量を制限する
食塩摂取は1日6g未満にしましょう。食品にはよく「ナトリウム」という表示がありますが、「ナトリウム=食塩」ではありません。「ナトリウム(g)×2.5=食塩(g)」という公式を覚えておきましょう。
■バランスのよい食事を心がける
特に果物や野菜、魚をたくさん摂るよう心がけ、肉や嗜好品から脂肪量を摂り過ぎないよう注意しましょう。
■減量する
肥満を伴う高血圧の場合、4~5kgの減量で血圧が改善できることが多いといわれています。
■運動を取り入れる
毎日の運動は「運動療法」という立派な治療法の一つです。1日30分を目標にウォーキングなどの有酸素運動をするとよいでしょう。
■アルコールを制限する
飲酒後数時間は血圧が下がりますが、長期にわたる飲酒は血圧上昇の原因になります。男性の場合は、1日あたり日本酒なら1合程度までに抑えましょう。
■禁煙する
タバコを吸うと、一時的に血圧が上昇します。また、動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳卒中の原因となることがわかっています。さらに、メタボリックシンドロームの重要な危険因子でもあります。「血圧が高め」の人は、できれば禁煙をするほうがいいでしょう。

以上の生活習慣の改善を行っても十分に血圧が下がらない場合は、薬による治療を開始します。ただし、糖尿病や慢性腎臓病、心筋梗塞後の患者さんは心血管病のリスクが高いため、生活習慣の修正とともに直ちに薬剤を用いて治療を開始します。

高血圧の薬物治療

主な降圧剤は大きく分けて5種類あります。1種類の服薬で効果が不十分な場合には2種類、3種類と増やすこともあります。また、血圧は季節によっても変動するため、血圧の下がりやすい夏は一時的に薬の減量や中止をすることもあります。このように自身の血圧に合わせて最善の治療を行っていくためには、毎日の血圧測定がとても大切です。

降圧薬で血圧が安定すると、治ったと思って薬を止めてしまう人がいますが、薬で抑えている血圧は、薬を止めると再上昇することが多いので、勝手にやめることはせずに主治医と相談するようにしましょう。

高血圧の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、高血圧(生活習慣病)の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

高血圧以外にも、矯正歯科、麻酔科、小児科、歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 薬局 / 皮膚科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ