読み込んでいます…

ぶどう膜炎(ベーチェット病など)の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

ぶどう膜炎とは、目の中に炎症を起こす病気の総称です。ぶどう膜炎が生じると、目の中の透明な前房と硝子体に炎症性細胞が浸潤するため、霧視(かすみがかかったように見えること)、飛蚊症(虫が飛んでいるように見えること)、羞明感(まぶしく感じること)、その他、視力低下、眼痛、充血などの症状がみられます。

原因としては、免疫異常によって起こるものや、病原体の感染によるものなどがあります。免疫異常で起こるぶどう膜炎には、サルコイドーシス、ベーチェット病、原田病のいわゆる3大ぶどう膜炎や、リウマチ疾患、炎症性腸疾患(クローン病、潰瘍性大腸炎)などがあります。これらはどれも全身疾患と深い関連があるため、眼科的な検査に加え、血液検査、胸部レントゲン撮影、髄液検査、ツベルクリン反応などの全身検査が必要となります。

感染性ぶどう膜炎を起こす病原体には、細菌・ウィルス・寄生虫などがあり、その病原体を速やかに特定し治療開始することが必要です。

治療方法

ぶどう膜炎の種類や重症度によって治療法や治療の期間は異なりますが、基本的には薬による内科的治療です。原因が細菌などの病原微生物による場合は、その病原微生物に有効な薬が使用されますが、多くのぶどう膜炎では、原因疾患が分かっても根治療法は困難であり、治療の目的は炎症を抑えて視力障害につながる合併症を予防することです。

(1)局所療法

一般的に局所療法として、散瞳薬とステロイド薬の点眼が用いられます。また、炎症が強い場合には局所へのステロイド薬の注射(結膜下、テノン嚢下、球後)が用いられます。最近では、後部ぶどう膜炎に対して持続性のステロイド薬の後部テノン嚢下注射が行われ良好な成績が得られています。

(2)全身療法

ぶどう膜炎では、全身性疾患を伴う場合や局所療法で十分な効果が得られない場合に、ステロイド薬などの全身療法が行われます。ステロイド薬の投与量、投与方法は疾患によって異なります。また、ベーチェット病などでは免疫抑制剤が用いられます。これらの薬剤では、全身の副作用にも注意する必要があります。

関連項目
眼科

ぶどう膜炎の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、ぶどう膜炎(ベーチェット病など)の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

ぶどう膜炎以外にも、リハビリテーション科、矯正歯科、歯科口腔外科、消化器内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科 / 小児科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ