病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

高度生殖医療(体外受精など)を実施している病院 - 病院・医院・薬局情報

高度生殖医療(ART)とは、体外受精など高度な不妊治療のことをいいます。排卵日を正確に推測して、排卵日前後に夫婦生活を持つようにするタイミング治療や、子宮内に精子を注入する人工授精で妊娠しなかった場合や、卵管閉塞、卵管水腫など卵管の状態が良くない場合、精子の数が少ない場合など、不妊症の約半数の夫婦がARTの対象となる可能性があります。

高度生殖医療(ART)の種類

  1. 体外受精
    体外受精とは、卵管の中での過程(受精-胚発育)を体外で行う方法です。排卵誘発剤を投与して、女性から数個の卵子を採取して精子と合わせます。
    卵子は受精した後、細胞分裂を始めて受精卵になります。この受精卵を2~5日後に子宮内に戻して、着床させます。着床から出産にいたる過程は、通常の妊娠と同じです。
  2. 配偶子卵管内移植
    卵子と精子を取り出す方法は体外受精と同じですが、受精をさせずに、小開腹法、あるいは腹腔鏡を使用して卵子と精子を卵管内に直接戻す方法です。適応の条件として、少なくとも片方の卵管が正常であること、精子が1000万/ml以上であることがあげられます。
    体外受精より自然の状態に近い、体外受精より妊娠率が高い、流産率は体外受精より低いことがメリットです。
  3. 接合体卵子管内移植
    採取した卵子を培養液の中で精子と混ぜ合わせ、受精する経過中の状態で卵管内に移植する方法です。
  4. 卵管受精卵移植
    採取した卵子を培養液の中で精子と混ぜ合わせるまでは接合体卵子管内移植と同様ですが、受精卵になってから卵子を卵管内に移植する方法です。
  5. 卵細胞質内精子注入法
    重症精子減少症、精子無力症、精子奇形症、抗精子抗体陽性、不動精子、無精子症など男性に問題があった場合に行う顕微授精です。1個の精子を顕微鏡下で卵細胞質内に注入して受精させる方法です。
  6. 凍結融解胚移植
    卵子が成長した時に採取しておき、精子と合わせて受精させます。この受精した胚の状態で凍結保存し、妊娠を望むタイミングで子宮内に移植する方法です。
    年齢が高くなり卵子の質が落ちる40代以降の方などの不妊治療に有益な方法です。

不妊治療は、精神面での負担が大きく、周囲の理解や協力、パートナーからのケアがとても大切です。また、自由診療で費用がかかり、経済的に大きな負担を生じることがあります。治療前に、費用面についてもしっかりと確認する必要があります。

高度生殖医療の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、高度生殖医療(体外受精など)を実施している病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

高度生殖医療以外にも、薬局、小児歯科、産婦人科、歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 矯正歯科 / 消化器外科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ