病院なび「全国のクリニック・診療所・医院・病院検索サービスです。」

神経芽細胞腫 - 病院・医院・薬局情報

神経芽細胞腫とは、神経から発生するがんで、子どものがんのなかでは白血病に次いで多いがんです。主に腎臓の上にある副腎という組織や、様々な部位にある自律神経の1つである交感神経の固まりの神経節から発生します。

日本では、年間約320人発生していると言われていて、主に10歳以下での発症が多いのが特徴です。0歳と3歳に発症のピークがあり、1歳未満の発症が約半数です。

神経芽細胞腫の症状

初期の段階では、元気がない、食欲が落ちた、時々腹痛を訴える程度の軽い症状しかありません。進行すると、発熱や貧血、おなかのしこり、頻尿、足の麻痺、呼吸困難など症状が現れますが、この場合にはかなり進行していて転移も起こっている状態です。

神経芽細胞腫の治療法

腫瘍の悪性度によって治療は異なります。早期にがんが見つかれば、手術でがんを取り除くことが可能です。抗がん薬で先に治療を始めて、がんが小さくなった時点での手術も行われています。進行していれば手術後に抗がん薬が使われますが、場合によっては放射線を照射するなどの治療が組み合わされます。
また、1歳未満の乳児期の場合の多くは、がんの性質が悪くないのでほとんどが治ると言われています。しかし1歳以後で進行したタイプは、強い治療を行ってもその結果がまだ十分にでるとはいえません。悪性度の低い場合は、ほぼ100%に近い5年生存率ですが、悪性度の高い場合は、5年生存率は50%を切る状態です。

おむつ替えやお風呂に入れた時など、時々おなかの様子を観察しましょう。おなかに硬いしこりやふくらみ、尿の回数が増えたなどの症状を見つけたら、すぐに小児科を受診することが重要です。神経芽細胞腫は進行が早く、全身に転移しやすいがんなので、初期のうちに発見し、一刻も早く治療を始めることが大切です。

関連項目
小児外科
小児科

全国の神経芽細胞腫の治療/対応が可能な病院・クリニック

北海道・東北 北海道(4) | 青森(3) | 岩手(5) | 宮城(1) | 秋田(2) | 山形(5) | 福島(5)
関東 茨城(6) | 栃木(6) | 群馬(4) | 埼玉(3) | 千葉(6) | 東京(24) | 神奈川(19)
北陸 新潟(3) | 富山(2) | 石川(0) | 福井(1)
中部 山梨(1) | 長野(5) | 岐阜(2) | 静岡(4) | 愛知(4) | 三重(3)
近畿 滋賀(1) | 京都(2) | 大阪(10) | 兵庫(4) | 奈良(3) | 和歌山(0)
中国・四国 鳥取(0) | 島根(2) | 岡山(2) | 広島(2) | 山口(3) | 徳島(0) | 香川(1) | 愛媛(0) | 高知(0)
九州 福岡(7) | 佐賀(1) | 長崎(1) | 熊本(5) | 大分(0) | 宮崎(4) | 鹿児島(4) | 沖縄(0)

神経芽細胞腫の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、神経芽細胞腫の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

神経芽細胞腫以外にも、循環器内科、眼科、小児歯科、内科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 外科 / 歯科口腔外科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ