読み込んでいます…

男性型脱毛症(AGA) - 病院・医院・薬局情報

男性型脱毛症(AGA)とは、「Androgenetic Alopecia」の略で、進行性の脱毛症のことをいいます。
日本では、20~69歳成人男性4200万人の約3人に1人が、AGAであるという報告があります。

男性型脱毛症(AGA)の症状

AGAの特徴として、一時的に脱毛するのではなく、薄毛・脱毛が進行することがあげられます。
進行度合いや発症年齢には個人差がありますが、放っておくとどんどん進行していきます。

AGAの脱毛の進行パターンとして、次の3種類があり、混合して進行することもあります。

  1. M字型脱毛
    額の生え際から脱毛始まり、進行すると頭頂部まで脱毛します。
  2. A字型脱毛
    額の真ん中から徐々に脱毛し、頭頂部まで薄毛が進行します。
    最終的には、後頭部と側頭部に髪の毛が残ります。
  3. O型脱毛
    頭頂部から脱毛が拡大していきます。

男性型脱毛症(AGA)原因

男性型脱毛症(AGA)の原因は、男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)の作用によって、正常な髪の生え変わりリズム(毛周期)を営めなくなるために引き起こされます。

筋肉の増大や骨格の発達に必要な「テストロン」という男性ホルモンが、「5α-リラグダーゼ」(5α-還元酵素)という酵素と結びつき、DHTへと変換されます。
このDHTの血中濃度が高くなると、毛周期に乱れが生じ、髪の毛がしっかり育たないうちに抜けてしまうことで薄毛・抜け毛が多くなります。

男性型脱毛症(AGA)の治療法

医療機関では、AGAの進行度合いや症状に合わせて、下記のような治療が組み合わせて行われます。

◆フィナステリド
現在では、DHTの生成を抑制するAGA内服薬「フィナステリド」が開発され、医療機関で処方してもらえます。
DHTの生成を抑制することで、毛母細胞が守られて抜け毛が減り、徐々に頭髪が増える効果が期待できます。
ただし、毛母細胞が死滅していると、いくらDHTの生成を抑制したところで、発毛効果は見込めないため、できるだけ早期に治療を開始することが重要です。
◆ミノキシジル
頭皮の血行を良くしてAGAの改善を図る外用薬です。
◆メソセラピー療法
フィナステリドやミノキシジルなど、AGA改善効果が実証されている成分を直接頭皮に注射して、AGAの改善を図ります。
◆HARG療法
細胞成長因子と呼ばれる成分をメインに、直接頭皮に注射します。活動の低下した毛母細胞をふたたび元気にする効果があるといわれています。
関連項目
脱毛症

全国の男性型脱毛症(AGA)の治療/対応が可能な病院・クリニック

北海道・東北 北海道(0) | 青森(2)| 岩手(0) | 宮城(2)| 秋田(1)| 山形(0) | 福島(2)
関東 茨城(3)| 栃木(0) | 群馬(0) | 埼玉(4)| 千葉(6)| 東京(18)| 神奈川(4)
北陸 新潟(1)| 富山(6)| 石川(5)| 福井(2)
中部 山梨(0) | 長野(1)| 岐阜(2)| 静岡(1)| 愛知(3)| 三重(0)
近畿 滋賀(0) | 京都(3)| 大阪(5)| 兵庫(4)| 奈良(4)| 和歌山(0)
中国・四国 鳥取(0) | 島根(0) | 岡山(0) | 広島(9)| 山口(1)| 徳島(0) | 香川(0) | 愛媛(0) | 高知(0)
九州 福岡(5)| 佐賀(0) | 長崎(0) | 熊本(0) | 大分(2)| 宮崎(0) | 鹿児島(0) | 沖縄(0)

男性型脱毛症(AGA)の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、男性型脱毛症(AGA)の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

男性型脱毛症(AGA)以外にも、内科、眼科、小児歯科、形成外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 美容外科 / リハビリテーション科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ