卵巣炎 - 病院・医院・薬局情報

卵巣炎とは、卵巣に炎症が起きた状態のことをいいます。大抵の場合は、卵巣に続く卵管が炎症を起こしたときに併発する病気です。卵管は細菌に対する抵抗力が非常に弱いため、炎症が起こりやすく、卵管とつながっている卵巣にまで炎症が拡大して卵巣炎を発症します。

卵巣炎の原因

ほとんどの場合、大腸菌や淋菌、クラミジアなどの細菌による感染が原因とされています。
通常は、膣の自浄作用によってこれらの細菌が膣の中にまで入ることはないのですが、疲労や体調不良などによって膣の自浄作用が弱まると細菌が膣内に入りこみます。そして細菌に対する抵抗力が弱い卵管に炎症が起こり、そこから卵巣にまで炎症が広がります。

卵巣炎の症状

卵巣炎になると、おりものの量が増えたり、下腹部痛や腰痛、不正出血などの症状がみられます。ひどい場合は、吐き気や嘔吐、高熱が出ることもあります。

卵巣炎の治療

おりもの検査などを行なって原因菌の特定をします。原因菌が特定されたら、その細菌に効果的な抗生物質を投与し、また症状によっては炎症を鎮めるための消炎剤が投与されます。
クラミジアや他大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌や結核菌などの細菌は炎症の程度が軽ければ抗生剤の内服で治療することができます。
しかし卵巣炎が慢性化して、腹痛やしこりなどが残ってしまった場合には、炎症部分を手術で切開し膿を取るなどの処置が必要になることもあります。

卵巣炎は、炎症が治まると症状が軽くなるため、原因が分からないままに病院を受診せずにいる人も多く、そのために卵巣炎が慢性化してしまうことも少なくありません。急性期にきちんと治療を行い慢性化させないことが非常に大切です。
卵巣炎が慢性化すると、不妊の原因になってしまうこともあります。気になる症状があれば婦人科を受診しましょう。

関連項目
婦人科

卵巣炎の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、卵巣炎の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

卵巣炎以外にも、消化器内科、小児歯科、歯科口腔外科、歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 内科 / 薬局 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ