月経前緊張症 - 病院・医院・薬局情報

月経前緊張症とは、月経前3~10日の間続く精神的あるいは身体的症状で、月経が始まるとともに減ったり消えたりする疾患です。

月経前緊張症の原因

原因ははっきりとわかっていませんが、排卵後に訪れる「黄体期」に分泌される女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の急激な変動が関わっていると考えられています。

月経前緊張症の症状

症状は月経前に周期的に現れます。

≪身体症状≫
・むくみ
・腹部の膨満感
・頭痛、腹痛、腰痛などの疼痛症状
・食欲不振
・めまい
・倦怠感 など
≪精神的症状≫
・情緒不安定
・抑うつ
・不安
・睡眠障害 など

ただし、症状の現れ方には変化があり、月によって程度が異なることもあります。

月経前緊張症の治療法

薬物療法と非薬物療法があります。

≪薬物療法≫
対症療法、ホルモン療法、向精神薬に分類されます。
対症療法・・・利尿薬、鎮痛薬などが用いられます。
ホルモン療法・・・低用量ピルを用いることがあります。
向精神薬・・・精神安定薬、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬。抗うつ薬の一種)
≪非薬物療法≫
食事、運動、リラクゼーションなどにより生活習慣を改善します。

症状が月経前に繰り返して現れる場合には、婦人科を受診しましょう。

関連項目
月経困難症
婦人科

月経前緊張症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、月経前緊張症の治療/対応が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

月経前緊張症以外にも、内科、眼科、歯科、矯正歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 小児歯科 / リハビリテーション科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ