膝関節疾患(変形性膝関節症など)の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

膝関節とは、大腿骨(太ももの骨)、脛骨(すねの骨)、膝蓋骨(お皿)の3つの骨から構成されています。人体の中で最も大きな関節で、立ったり座ったり、歩いたり、階段の昇降など日常生活の動作に重要な役割を持っています。

大腿骨と脛骨、膝蓋骨の表面は、弾力性がある軟骨でおおわれていて、関節を動かしたり、体重がかかった時の衝撃を緩和するクッションの役目をもっています。しかし、加齢により軟骨がすり減ることで、軟骨の下の骨同士がこすれ合って痛みを生じることがあります。主な疾患として、変形性膝関節症・関節リウマチがあります。また、関節に水が溜まり痛みが続く無菌性骨壊死を生じていることもあります。
また、スポーツでのケガで多く見られる半月板損傷・靭帯損傷も歩行が困難となる原因のひとつです。

膝関節の主な疾患

●変形性膝関節症
膝関節の軟骨がすり減り、関節炎や変形を生じて痛みなどが起こる病気です。中高年の女性の発症率が高く、国内では約1,000万人もの人が変形性膝関節症に悩んでいると言われています。

【変形性膝関節症の主な症状】

  • 朝起きた時や動き始めに、ひざが動きにくくなる
  • 立ち上がった時や階段を下りる時に痛む
  • 正座する時に痛む
  • 痛みが続いて、ひざが腫れたり熱く感じる
  • ひざに水がたまる
●関節リウマチ
免疫反応の異常によって、全身の関節が炎症を起こす病気です。朝に手や指がこわばって動かしにくいのが症状の特徴です。また、関節が腫れたり、膝に水がたまったり、関節の骨が破壊されることもあります。症状が進行すると、歩行できないほどの痛みを伴う場合があります。

【関節リウマチの主な症状】

  • 関節が腫れる
  • 関節に水がたまる
  • 関節の骨が破壊されることもある
●無菌性骨壊死
多くが原因を特定できない疾患で、50歳以上の中高年に多く、安静時でも強い痛みと関節の腫れを生じることあります。歩行できないほどの痛みを伴う場合があります。

【無菌性骨壊死の主な症状】

  • 関節が腫れて水を抜いてもすぐ腫れてくる
  • 夜間も寝ていても痛い
●半月板損傷・靭帯損傷
半月板は、膝関節でクッションのような役割を果たしていて、スポーツ等で体重が加わった状態でひねったり、衝撃などによって半月板を損傷することがよくあります。靭帯は、関節の骨と骨をつないで安定させる役割がありますが、靭帯に大きな負荷がかかると部分的もしくは完全に切れてしまうことがあります。これを靭帯損傷といいます。

【半月板損傷の主な症状】

  • ひざの痛み
  • 関節液がたまる

【靭帯損傷の主な症状】

  • 関節が不安定になる
  • 変形性関節症になることもある

膝関節の治療

【保存的治療法】

  • 運動療法:ストレッチ、ウォーキング、ジョギング、水中運動など
  • 温熱療法:温湿布、電気・超音波器具、保温目的のサポーターなど
  • 薬物療法:消炎鎮痛薬、ヒアルロン酸注射、ステロイド注射など
  • 装具療法:足底板、サポーター、装具(ブレース)、杖など

【手術的治療法】

  • 関節鏡手術:関節鏡で見ながら、傷ついた関節軟骨や半月板を切除する方法
  • 高位脛骨骨切り術:脛骨の近位部を骨切りし、ひざの角度を矯正する方法
  • 人工膝関節置換術:軟骨と傷んだ骨の表面を切除して人工関節に置き換える方法

膝関節疾患の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、膝関節疾患(変形性膝関節症など)の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

膝関節疾患以外にも、歯科口腔外科、アレルギー科、眼科、整形外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 循環器内科 / 小児歯科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ