炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎,クローン病など)の治療が可能な病院 - 病院・医院・薬局情報

炎症性腸疾患とは、長期に下痢や血便が続く原因不明の難病で、「潰瘍性大腸炎」と「クローン病」があります。通常の食中毒などと異なり、長期にわたり、よくなったり悪くなったりしながら症状が続きます。
適切な治療をおこなえば通常の生活をおこなえますが残念ながら完治することはありません。

【潰瘍性大腸炎】

血液の混じった下痢が長期に続くのが主な症状です。適切な治療がおこなわれず放置すると、脱水や栄養失調となることがあります。また、重症例では、貧血、強い腹痛さらに高熱などの全身状態の低下を伴います。慢性に経過することが多いのですが、急激に発症する例も見られます。

クローン病

クローン病は10~20代の若年者に多くみられる原因不明の炎症性疾患で、病変は口腔から肛門まで全消化管に発生します。症状としては、下痢・腹痛といった腹部の消化器症状が中心ですが、発熱や体重減少などの全身症状が伴うことも少なくありません。また、痔ろうや肛門周囲の膿瘍が初発症状であることも多く、若年者でこれらの病変を見た場合、クローン病を念頭に置く必要性があります。

炎症性腸疾患の治療

治療の基本は、腸管の炎症を抑えて症状を和らげるための薬物療法であり、時に栄養状態を良くするための栄養補給を組み合わせた治療が行われます。腸閉塞や穿孔、大量出血などがあらわれた場合には手術が行われます。

●内科的治療

治療の目的は大腸粘膜の異常な炎症を抑えて、症状をコントロールすることです。

≪潰瘍性大腸炎の内科的治療≫
・5-アミノサリチル酸薬(5-ASA)製薬
・副腎皮質ステロイド薬
・免疫調節薬または抑制薬
・抗TNFα受容体拮抗薬

血球成分除去療法
薬物療法ではありませんが、血液中から異常に活性化した白血球を取り除く治療法です。副腎皮質ステロイド薬で効果が得られない患者さんの活動期の治療に用いられます。

≪クローン病の内科的治療≫
クローン病で使用される薬剤には、5-アミノサリチル酸(5-ASA)製剤、副腎皮質ホルモン(ステロイド薬)、免疫抑制剤、抗TNFα抗体(インフリキシマブ)があり、その他に抗菌薬が使われることもあります。

●外科的治療

多くの場合、内科治療で症状が改善しますが、下記のようなケースでは外科手術(大腸全摘術)が行われます。

(1)内科治療が無効な場合(特に重症例)
(2)副作用などで内科治療が行えない場合
(3)大量の出血
(4)穿孔(大腸に穴があくこと)
(5)癌またはその疑い

大腸全摘術の際には、小腸で人口肛門を作る場合もありますが、近年では、小腸で便をためる袋を作成して肛門につなぐ手術が主流となっています。その場合、術後は普通の人とほぼ同様の生活を送ることができます。

炎症性腸疾患の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎,クローン病など)の治療が可能な病院の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

炎症性腸疾患以外にも、形成外科、精神科、整形外科、小児歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科口腔外科 / 矯正歯科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ