読み込んでいます…

歯科恐怖症に対する取り組みを実施している歯科 - 病院・医院・薬局情報

歯科治療恐怖症とは?

歯科治療恐怖症とは、歯科治療に対する恐怖感が強く

  • 治療器具の音で体が硬直する
  • 椅子に座ることができない
  • 歯科器具が口腔内に入ると、吐き気が起こりひどい場合には嘔吐してしまう
    などの異常な行動を示す状態をいいます。

ひどい場合には、歯科医院に入ることすらできないことあります。

-歯科治療恐怖症の原因

原因として

  1. 子どもの時の強制的歯科治療によるトラウマ
  2. 過去の歯科治療時の不快な経験
    などにより、歯科治療に対する恐怖感が増幅されて発症すると考えられています。

-歯科医院での対応

歯科治療恐怖症の患者さんに対する治療として、下記の治療法が行われます。

  1. 静脈内鎮静法 鎮痛薬や向精神薬を静脈に直接注入し、リラックス状態で治療を行う方法です。
    精神の緊張状態を緩和させる効果があり、歯科治療の恐怖感を解消したり、軽減したりする効果があります。
  2. 笑気吸入鎮静法
    低濃度の笑気(亜酸化窒素)と酸素を混合したガスを、鼻マスクから吸入することで、リラックス状態で治療を行います。
    適度な鎮静作用と鎮痛作用を持ち、効果の発現と消失が速やかで、吸入を止めればすぐに元の状態に戻ります。
  3. 局所麻酔
    軽症の患者さんの場合には、丁寧な説明の上で、絶対に痛みを感じさせないようにしっかり局所麻酔をします。
関連項目
笑気麻酔
心療内科

歯科恐怖症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、歯科恐怖症に対する取り組みを実施している歯科の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

歯科恐怖症以外にも、外科、消化器内科、内科、放射線科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 脳神経内科 / 薬局 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ