歯周病に対し歯周組織再生法を実施している歯科 - 病院・医院・薬局情報

歯周組織再生法とは

歯周病が進行すると、歯を支えている歯根膜や歯槽骨といった歯周組織が破壊されます。
歯周病治療として細菌を除去することにより、歯周組織の健康は取り戻せますが、一度失われた歯周組織は自然には元の状態へ戻ることはありません。

しかし、歯周組織の破壊の程度が局所にとどまっている段階であれば、歯周組織を再生させる方法を取り入れて歯を残すことが可能となりました。
現在日本で認可されている歯科材料を使った歯周組織再生法は以下の2つです。

  1. GTR法
  2. エムドゲイン®療法

GTR法は、人工膜を歯肉と他の歯周組織(歯根膜・歯槽骨)の間にいれる方法、エムドゲイン®療法は、歯根にジェル状の薬剤を塗る方法で、いずれも歯周組織の再生を促します。

歯周組織再生法の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、歯周病に対し歯周組織再生法を実施している歯科の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

歯周組織再生法以外にも、内科、薬局、循環器内科、歯科口腔外科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科 / 小児歯科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ