義歯を専門としている歯科 - 病院・医院・薬局情報

義歯(入れ歯)について

義歯(入れ歯)の種類は大きく分けて2つになります。歯が全てなければ「総入れ歯」、歯が1本でも残っていれば「部分入れ歯」を作ることになります。部分入れ歯は自分の歯が残っていて、そこに爪をかけます。爪が透明で外から入れ歯とわからないものや爪の変わりに磁石やアタッチメントという装置を使うもの、 軟らかい素材を使ったものなどが開発されています。

義歯(入れ歯)の種類

●レジン床
保険で使用される一般的な入れ歯です。プラスチック製のため、割れないようにある程度の厚みが必要になります。また、熱も伝わりにくいという欠点があります。
●金属床の入れ歯
入れ歯の一部を薄い金属で作るため樹脂よりも薄く違和感が最小限で、耐久性があり、清潔で維持しやすいことが特徴です。丈夫な金属を使うことにより、レジン床の約1/3~1/5の厚さで熱の伝わりもよく、永く使用できる入れ歯です。
デメリットとして、金属アレルギーがある場合には使えないことや、金属が破損すると修理が困難なことがあげられます。
●インプラント併用入れ歯
インプラントをあごの骨に数本埋め込んで、その上に入れ歯を固定する装置を取り付けます。デメリットは自分の歯と同じようにメンテナンスが必要なこと、手術が必要で費用が高額になりやすいことがあげられます。
●アタッチメントタイプの入れ歯
歯と入れ歯を固定する部分に小さくて精密な部品を使用し、クラスプと呼ばれる歯に巻き付ける針金状のものを使用しない方法です。
●ノンクラスプデンチャー入れ歯
弾力性のある入れ歯で、金属バネを使用せずに入れ歯が固定できるのが特徴です。バネがないため見た目が良く違和感が少ないです。ただし、2~3年程度で作り直しが必要です。
●コーヌスクローネの入れ歯
歯に巻き付ける「バネ」の代わりに、自分の歯を被せもので突起上にし、さらに入れ歯に取り付けた被せものが突起に被さるようにして入れ歯を固定する方法です。ガタつかず違和感も少ない入れ歯です。デメリットとして、土台の歯を削らなくてはいけないこと、作るのにかなり高度な技術が必要なことがあげられます。
●マグネット式の入れ歯
残っている歯根に、金属をいれ義歯の中に入った磁石と吸着させ、義歯が外れないようにするのが磁石義歯です。見た目も美しく審美性に優れています。

義歯専門外来の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、義歯を専門としている歯科の情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

義歯専門外来以外にも、薬局、歯科口腔外科、肛門科、泌尿器科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 歯科 / 麻酔科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ