読み込んでいます…

慢性血栓塞栓性肺高血圧症 - 病院・医院・薬局情報

慢性血栓塞栓性肺高血圧症とは

心臓から肺に血液を送るための血管を「肺動脈」といいます。この肺動脈に血栓または塞栓ができて、肺の血管につまることで、血管が異常に狭くなり血液の流れが悪くなり、肺動脈の圧力が異常に上昇するのが「慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)」です。

必要な酸素を体に送るためには、心臓から出る血液の量を一定以上に保つ必要があります。狭い血管を無理やり血液を流すように心臓が努力するために、肺動脈の圧力が上昇します。
心臓に多大な負担がかかり、結果として全身への酸素供給がうまくいかなくなり、体を動かす時に息苦しさを感じます。
この病気は難治性ですが、専門医による適切な治療を受けることにより、体を動かす時の息苦しさが改善するなど、自覚症状の改善が得られる場合があります。

《原因》

原因は解明されていませんが、血栓や塞栓が繰り返し起こること、肺動脈の血管の壁での血栓が大きくなること、さらに肺血管が硬くなる、広がりにくくなるなどの構造変化が、「慢性肺血栓塞栓症」になる原因として考えられています。

《症状》

初期には、安静にしている時の自覚症状はありません。しかし、体を動かす時にはより多くの酸素が必要になります。そのため病気がある程度進行すると、体を動かす時に息苦しく感じる、すぐに疲れるなどの症状が現れます。さらに病気が進むと、「心臓の機能がより低下」するために、足がむくむ、少し体を動かしただけでも息苦しいなどの症状が現れます。

《治療法》

「慢性血栓塞栓性肺高血圧症(CTEPH)」でも、動く時の息苦しさが以前よりも強くなってきている場合には、血栓、塞栓の範囲が広がっている状態が想定されるため、すぐに治療を受ける必要があります。慢性の安定期で症状に大きな変化がない時には、さらに血栓ができるのを予防するために、抗凝固薬(ワルファリンなど)の服用を続ける必要があります。
血栓ができている部位が太めの肺動脈にあり、手術的にその血栓を摘除可能な患者では、肺血栓内膜摘除術が推奨されています。しかし、手術では血栓がとれないような場所(肺動脈の細い枝)に血栓がある患者さんでは、肺血管拡張薬が使用される場合もあります。肺動脈末梢の血栓塞栓症に対して、バルーンによるカテーテル治療が行われていて良好な成績が得られていますが、専門医との相談が必要です。

患者会 PAHの会
http://www.pha-japan.ne.jp/about/index.html

全国の慢性血栓塞栓性肺高血圧症の診察が可能な病院・クリニック

北海道・東北 北海道(4)| 青森(2)| 岩手(4)| 宮城(2)| 秋田(0) | 山形(4)| 福島(2)
関東 茨城(8)| 栃木(6)| 群馬(10)| 埼玉(9)| 千葉(5)| 東京(37)| 神奈川(16)
北陸 新潟(4)| 富山(1)| 石川(1)| 福井(0)
中部 山梨(1)| 長野(2)| 岐阜(0) | 静岡(1)| 愛知(6)| 三重(1)
近畿 滋賀(3)| 京都(4)| 大阪(16)| 兵庫(11)| 奈良(3)| 和歌山(1)
中国・四国 鳥取(0) | 島根(5)| 岡山(4)| 広島(14)| 山口(4)| 徳島(0) | 香川(3)| 愛媛(1)| 高知(1)
九州 福岡(21)| 佐賀(2)| 長崎(0) | 熊本(4)| 大分(0) | 宮崎(3)| 鹿児島(6)| 沖縄(0)

慢性血栓塞栓性肺高血圧症の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、慢性血栓塞栓性肺高血圧症の診察が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

慢性血栓塞栓性肺高血圧症以外にも、放射線科、矯正歯科、外科、薬局などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: 血液内科 / 消化器内科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ