HTLV-1関連脊髄症(HAM) - 病院・医院・薬局情報

HTLV-1関連脊髄症(HAM)とは

HTLV-1というウイルスが母親から子への母乳を介して、あるいは性交渉を介して夫から妻へ感染します。感染者は全国に108万人といわれていますが、その多くは全く健康に過ごしています。

しかし、一部の人ではHTLV-1に感染したTリンパ球が脊髄に入り込んで、炎症を引き起こします。脊髄が傷害されるために、両下肢のつっぱり感、歩行困難、しびれ感、排尿困難や便秘などを徐々に発症します。放っておくと日常生活に支障をきたすほどの痙攣が起きるなど、早期発見と治療が重要になる病気です。

《原因》

HTLV-1関連脊髄症の発生原因については現時点では、まだはっきりとしたものが判明してはいませんが、HTLV-1関連脊髄症の患者さんは体内のウイルス量が非常に増加していて、ウイルス量が上昇している人はHTLV-1関連脊髄症になりやすいと考えられます。しかし、感染者のごく一部にのみ発症する機序はわかっていません。

《症状》

HTLV-1関連脊髄症の症状は歩行障害、排尿障害や便秘などです。
自分で気づく症状の第一は徐々に進行する歩行障害で、まず両脚のつっぱり感のために足がもつれて歩きにくく、歩幅が狭くなり内股で歩くようになります。歩行障害が進行すると、杖や車椅子が必要になります。
排尿障害や便秘は早期から自覚されます。

《治療法》

この病気の治療法は薬物療法が一般的で、副腎皮質ステロイド薬の投与や免疫抑制薬(アザチオブリンなど)を投与することにより症状が改善します。
発症メカニズムから考えると、ウイルスの増殖を抑制する抗ウイルス療法が最も理にかなった治療法といえます。しかし、残念ながらこれまでにウイルスの体内での増殖を抑制する薬剤は見つかっていません。しかし、いくつかの薬剤が症状を軽減したり進行を遅らせる効果があることが報告されています。スインターフェロンαは唯一有効性が確かめられ、保険適用となっている薬剤です。治療後ウイルス量が減少していること、HAMでみられる免疫異常が改善していることがわかっていますが、うつ症状や肝障害、白血球減少などの副作用に注意が必要です。
歩行障害に対しては、リハビリテーションが大切で、腰回りの筋力増強やアキレス腱の伸張により、歩行の改善が得られます。

患者会 スマイルリボン
http://smile-ribbon.org/?mid=index

全国のHTLV-1関連脊髄症(HAM)の診察が可能な病院・クリニック

北海道・東北 北海道(1) | 青森(0) | 岩手(3) | 宮城(1) | 秋田(0) | 山形(4) | 福島(1)
関東 茨城(3) | 栃木(0) | 群馬(1) | 埼玉(0) | 千葉(0) | 東京(15) | 神奈川(8)
北陸 新潟(1) | 富山(0) | 石川(0) | 福井(0)
中部 山梨(0) | 長野(1) | 岐阜(0) | 静岡(0) | 愛知(2) | 三重(1)
近畿 滋賀(1) | 京都(0) | 大阪(7) | 兵庫(3) | 奈良(3) | 和歌山(0)
中国・四国 鳥取(1) | 島根(1) | 岡山(2) | 広島(3) | 山口(0) | 徳島(0) | 香川(1) | 愛媛(0) | 高知(0)
九州 福岡(10) | 佐賀(1) | 長崎(1) | 熊本(3) | 大分(0) | 宮崎(5) | 鹿児島(7) | 沖縄(1)

HTLV-1関連脊髄症(HAM)の病院・医院・薬局情報

病院なびでは、HTLV-1関連脊髄症(HAM)の診察が可能な病院・クリニックの情報を掲載しています。

病院なびでは都道府県別/診療科目別に病院・医院・薬局を探せるほか、 予約ができる医療機関や、キーワード検索、あるいは市区町村別での検索も可能です。

HTLV-1関連脊髄症(HAM)以外にも、薬局、小児科、整形外科、小児歯科などのクリニックも充実。

また、役立つ医療コラムなども掲載していますので、是非ご覧になってください。

関連キーワード: ペインクリニック内科 / 内科 / 市民病院 / 大学病院 / かかりつけ